矯正歯科でインプラント治療を[キラピカ歯に専科]

並びが綺麗

矯正歯科治療と審美歯科治療の違い

歯並びが気になって、歯列矯正を考えている人もいるでしょう。歯列矯正は、矯正歯科または、審美歯科で治療することができます。それぞれの歯科医院の歯列矯正治療には違いがあります。矯正歯科では、一般的に矯正器具を歯に装着させて治療を行います。歯を少しずつ移動させながら治療を行うので、時間もかかります。数年かけて治療を行うので、治療期間は長くなりますが、自分の歯を削ると行ったことはありません。審美歯科では、まず自分の歯を小さく削ります。半分ぐらいの大きさになるまで削ったところに、セラミック冠をかぶせるのです。セラミックですから、歯も白く美しくなります。変色の心配もありませんが、自分の歯を削ることに抵抗がない人におすすめです。

歯列矯正を始める人が増えています

最近は、歯の健康や美しさに意識が高くなってきているので、歯列矯正治療を行う人も多くなっています。矯正歯科治療も金属の目立つ矯正器具の代わりに、ホワイトワイヤー治療やマウスピース治療も人気があります。また、一般的な治療では、歯の表面に矯正器具を装着させるのが普通でしたが、最近は、歯の裏側に器具を装着させることも可能になりました。審美歯科は、歯を白く美しく保てるとあって人気があります。また、矯正歯科治療と違い、短期間で治療ができるので、時間をかけて治療したくない人にはおすすめの治療法といえるでしょう。どちらにしても、特に女性が歯に対する意識が強く、大人になって治療を始める人も増えてきています。今後もさらに増えていくでしょう。

Copyright (c) 2015 矯正歯科でインプラント治療を[キラピカ歯に専科] all reserved.